広報きもつき 2017年9月号
8/32

82017.09新たな福祉の拠点にををををををを特集特集今年6月に完成した町福祉会館は、1978年(昭和53年)に建築された「老人福祉センター」の老朽化等に伴い、町の福祉の拠点施設として新たに建築されました。 肝付町社会福祉協議会が事務所を置き、指定管理者として施設の管理を行います。また、この施設には町の子育て支援センター(ちゃいるどはうす)が併設されています。○ 施設概要■ 住所肝付町新富5589番地8■ 構造木造・平屋建て■ 面積1,198.50㎡県産材を利用した木造建築! 福祉会館は、1990年代にヨーロッパで開発された新しい木質構造用材料のCLT(直交集成板)を使用して建てられました。CLTは耐震性や耐火性、断熱性が高い、軽量などの特徴があり、高層建築物にも使用可能な資材です。国産材の利用促進になるものとして注目されています。○ 利用時間・開館時間平日8時30分~17時※必要と認められるときは21時まで延長できます。・休館日土・日・祝日等※必要と認めるときは休館日も利用できます。○ 利用の仕方 あらかじめ電話で空き状況を確認し、事前に使用許可申請書を提出してください。利用料は無料です。●● 利用申込・問合せ先:肝付町社会福祉協議会☎0994(68)8188

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る