広報きもつき 2017年10月号
10/32

102017.10特集◯ 英語は好き。◯ 参加の動機:英語を上達させたい。アメリカに行って別の視点から日本を見てみたい。 祖父母の家を訪れるALTなど外国の人たちと幼いときから交流していたので、英語で会話をするのは楽しいと感じています。 でも、今回、アメリカのスクールで生徒同士がしゃべっているのが早口で聞き取れなかったり、聞かれたことにすぐに答えられなかったりして悔しかったので、英語をもっと上達させたいと思いました。 また、これまでは「正しい英語で話さないといけない」と思っていたため、なかなか自分から話せなかったのですが、たとえ正しくなくても、単語を並べただけでも伝えることはできるとわかったので、積極的に自分から話せるようになりました。 今回の経験を通し、周囲の人たちへ心からの感謝の気持ちを自然に持つことができ、「感謝」の本当の意味がわかってきたように感じています。 将来の役に立つ体験だと思いますし、行ってみないと気づかないこともあるので、次回あるときは、ぜひ参加してみてください。今回派遣された中学生のなかから4名に、現地で驚いたことや感じたこと、この経験を通して変化したこと、次回もこの事業があるとすれば後輩たちに伝えたいことなどを聞きました。感謝の気持ち自然に持てた内之浦中2年 榎えのきや屋 夢ゆめ さん アメリカに対しては、治安が悪そう、太っている人が多そうといったイメージがありましたが、わたしたちが実際に行ったところでは、そんなことはなかったです。なにより驚いたのは、飲み物やお菓子の色が水色やピンク色だったり、ホストファミリーの家では食事に野菜がほとんど出なくて肉ばかりだったりといった食文化の違いです。食事の量も多くて食べきれなかったことがほとんどでした。 スクールで髪の色を染めている生徒がいたことにも驚きました。個性のひとつとみられているのかなと思いました。ホストファミリーのところでも、息子が髪の色を染めたいといって、父親が賛成、母親が反対の立場で、やり取りしていて面白かったです。 これまでは、日本は安全だし、外国に行かなくてもいいと思っていましたが、実際に行ってみたらみんな親切に接してくれ、楽しかったので、他の国にも行ってみたいと思うようになりました。文化の違いに驚き感じる高山中3年 谷山 こはるさん◯ 英会話に苦手意識あり。◯ 参加の動機:めったにない機会だからと親のすすめがあったので。高山中3年 ガーナー 夏美 さん「自分の言いたいこと、聞きたいこと、思っていることを声に出して伝えることの難しさを改めて実感しました」高山中3年 岩元 なな さん「コロラドの人の心の温かさには心を動かされました。次に会ったときにもっと話せるように努力したいです」

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る