広報きもつき 2017年10月号
29/32

292017.10education高校中学校盛り上がった第3回体育祭 秋晴れのもと、9月9日に第3回体育祭を挙行しました。中高混成の赤組・白組に分かれ、6学年238名による力強い行進からスタート。結果は白組優勝となりましたが、全員が力を出し切り清々しい表情をしていたのが印象的でした。全生徒が体育祭を満喫した一日になりました。 プログラム(競技)のなかから楠隼らしいものを3つ紹介します。1つ目は綱引きです。各学年対戦を経て、最後は中高混成の選抜メンバーの大将戦で雌雄を決し、グラウンド全体に割れんばかりの声援が響き渡りました。2つ目は高校3年生による楠隼ソーラン。自分たちで練習をし、衣装も揃え、力強く元気な演技をしてくれました。3つ目は中学3年生のフォークダンスです。高山中学校女子生徒43名が駆けつけてくれ、グラウンド全体に華やかさ、微笑ましさがあふれました。 来賓や保護者にとどまらず、地域の方々も多くご参加いただき感謝申し上げます。地域に支えられて楠隼があることを実感いたしました。ウミガメ赤ちゃん放流会 8月29日、楠隼寮の行事として中学1年生を中心に、岸良海岸で行われた「ウミガメ赤ちゃん放流会」に参加してきました。この行事は、町立岸良小中学校ならびに同校PTAの皆さまの協力のもとで行われました。 バスを降りると、まず岸良海岸の海の青さに驚いた生徒たちが大勢いたようです。そして、ウミガメの赤ちゃんとの対面。小さな小さな赤ちゃんウミガメを手に乗せ、手のひらを力強く押し返す小さな命に感動した様子でした。その後、可愛らしいウミガメの赤ちゃんを大事そうに海に放していました。海に向かっていくも、また岸へ波で戻されてしまうウミガメに「がんばれ〜」「負けるな〜」などと声をかけながら最後まで見守っていました。小さな命が一生懸命に海に向かっていく、その背中に、生徒たちは自分たちの姿を重ねていたようでした。全国から生徒たちが集う全寮制中高一貫教育校■ 楠隼中学校・高校だより

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る