広報きもつき 2017年10月号
31/32

312017.10お知らせ読みたい本・雑誌等ありましたら、文化センター図書室・銀河アリーナ図書室・各地区公民館へお問い合わせください。できるだけご希望に添えるようお手伝いいたします。文化センター図書室 ☎ 0994-65-9531 銀河アリーナ図書室 ☎ 0994-31-6555□ 他にも毎月新刊が入荷しています。児児文化センター図書室銀河アリーナ図書室 ■今月の新刊 ■□ その他の新刊■ バブルノタシナミ/阿川 佐和子 著■ パドルの子/虻川 枕 著■ じいちゃんバナナばあちゃんバナナ/のし さやか 作・絵■ そらの100かいだてのいえ/いわい としお 作□ その他の新刊■ 戦国、夢のかなた/岡本 さとる 著■ 西郷どん入門/北影 雄幸 著■ みんなの防災えほん/山村 武彦 監修■ おしりたんてい いせきからのSOS/トロル 作・絵  靴屋のタスケさん作:角野 栄子1942年、東京。表通りに若い靴屋のタスケさんが越してきた。小学1年生のわたしは、放課後になると靴屋さんに行って、タスケさんの仕事をみるのが楽しみになったが、戦争が激化し・・・。  ロケット発射の一日作・絵:いわた 慎二郎イプシロンロケットの打ち上げ準備が進められている内之浦宇宙観測所では、たくさんの人たちが働いています。ロケット発射の一日をイラストで再現した絵本。□ 君が夏を走らせる著:瀬尾 まいこ金髪にピアスでふらふらしている俺が、先輩の子どもの面倒をみる羽目に・・・。なんとかひと夏を乗り切ろうとする16歳の不良少年・大田の、出会いと別れの物語。□ 孤狼の血著:柚月 裕子昭和63年、広島。新人刑事の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件を追うことに・・・。マル暴刑事と極道の闘いを描く。□ ルルとララのわくわくクレープ作:あんびる やすこ 小学生のルルとララが、おかし屋さんを開くお話です。色々な本がありますが、このお話ではクレープを作ります。 おかしの作りかたもくわしく書いてあって、アドバイスも書いてあります。本を見ながら、その本のおかしを作った友だちもいます。 ルルとララのほかにニッキというはたらきもののネズミが出てきて、ふたりのお手伝いをしてくれます。 おかしを作るとき、こまったりかなしいことがあっても、できたおかしでみんなが、え顔をとりもどします。 とても楽しいお話なので、読んでみてください。私のいちおし本私のいちおし本 選者 福留 陽愛、川野 朋音国見小学校 4年、5年秋のお話会(幼児・小学生対象):10月21日(土)10時~・文化センター和室

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る