広報きもつき 2017年12月号
25/32

252017.12education合唱を披露する生徒たち英語で書かれた賞状を渡される生徒たち後半戦は代表がひとりずつ発表各グループで代表を決める前半戦 おすすめ本の魅力を紹介しあうビブリオバトルが11月11日、内之浦中学校で初めて開催されました。全校生徒41名が参加、10グループに分かれて絵本や小説、エッセイなどをそれぞれ2分間で紹介しました。用意していた原稿では時間が余ってしまった生徒もいましたが、アドリブで話を進め、身振り手振りを交えて魅力を伝えていました。 後半は各グループの代表が一人ずつ本を紹介。本を読んで学んだことや感じたことを発表し「みなさんにぜひ読んでもらいたい」と訴えました。 最後に挙手で勝敗が決められ3年生の田中大洋さんが紹介した「永遠の0/百田尚樹著」がチャンプ本に選ばれました。生徒らは「色んな本に出会え、普段読まないジャンルの本も読んでみようと思いました」と話していました。 第13回肝付町小・中学校音楽発表会が11月8日、町文化センターで開催されました。 はじめに「となりのトトロ」の主題歌「さんぽ」を来場者と出場児童生徒が合唱しました。 各校ごとの発表では、アニメソングや童謡などを合唱や合奏で披露。来場者は一生懸命な子どもたちの演奏に聴き入っていました。 第13回肝付町中学校英語暗唱大会が9月28日に町文化センターで開催されました。 学校関係者のほか、保護者や地域住民らも来場して、子どもたちが身振り手振りを入れるなど工夫をこらし、真剣に発表する様子を見守りました。また、開校3年目となる楠隼中学校の生徒たちも参加し、英語を通して交流しました。芸術の秋楽しむ小・中学校音楽発表会工夫を凝らし発表中学校英語暗唱大会内之浦中でビブリオバトル表現力が勝負のカギ 本の魅力伝える

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る