広報きもつき 2017年12月号
30/32

302017.12地域おこし協力隊のブログ「きもつきおこし!」https://kimotsukiokoshi.wordpress.com/春日井 和恵(かすがい かずえ)1983年生。愛知県名古屋市出身。2006年に地上職としてANAグループに入社。2011年からANA客室乗務員として勤務。鹿児島空港滑走路イメージ加藤 美和子(かとう みわこ)1984年生。福井県出身。医療専門学校卒業後、宮崎で約5年暮らし、デイケア施設に勤める。きもつき宇宙協議会事務局ロケットの歴史を語りつぐ銀河アリーナの天文台ロケット打上げシーズン到来! イベント盛りだくさんの秋も一息ついて、肝付町も冬の気配を感じるようになりました。この秋は様々なイベントや行事に参加させていただくかたわら、稲刈りにも初挑戦しました。地域の方や協力隊員と見よう見まねで作業しました。精米したお米をいただいて、食べたときのおいしさは格別でした。 先日、SS-520 5号機の打上げ予定日が発表になりました。イプシロンロケット3号機の打上げも含め盛り上げられるように準備を進めています。スマホを使用して町内を巡るスタンプラリーや、打上げ当日の待ち時間でも楽しんで頂けるようなワークショップなど楽しいブースを用意したいと考えています。 また、打ち上げが無い期間に町に来られた方に、いかに宇宙のまちを実感し、楽しんで頂けるかも課題だと感じています。 時間はかかるかも知れませんが、残りの任期で町民や観光客の皆さんに喜んで頂ける取り組みをしていきたいです。数あり、同じ方角に並行してある場合には数字の下にL/Rが表記され、右左の区別がつくようになっています。飛行機は性能上、向い風での離着陸を通常行いますので、風向きによってどちらの方角から離着陸をするのか管制塔から指示があります。しかし、鹿児島空港は騒音の関係から、ほとんどの場合北向き、「ランウェー34」を使用します。機外カメラを搭載している飛行機では、離着陸のときの映像を流しますので、ぜひ滑走路の数字に注目してみてくださいね! アテンションプリーズ!春日井です。 飛行機が離着陸する滑走路の両端に2桁の数字が書かれているのをご存知ですか? これは、滑走路がどちらの方角に向かっているかを示す数字です。真北を360として時計回りに方角を数字で表し、東は090、南は180、西は270となり、この方法を利用し、上2桁で表示しています。 鹿児島空港の滑走路は16/34と表記されており、つまり、ほぼ南北に滑走路が延びていることがわかります。また、羽田空港など滑走路が複肝付町地域おこし活動報告肝付町地域おこし活動報告

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る