広報きもつき 2017年12月号
4/32

42017.12 高山やぶさめ花火大会が新前田橋下流の高山川河川敷で11月4日に開催されました。天候不良のため2度延期になっていましたが、当日は冷え込んだもののよく晴れて、町内外から集まった見物客が澄んだ秋空に輝く満月とともに、次々と打ち上げられる約5000発の花火を楽しみました。 18時にスタートした会場では、家族連れや友達同士で訪れた子どもたちが楽しげに屋台をのぞいてまわったり、ステージで行われるショーに笑顔で拍手を送ったりしていました。金魚すくいに挑戦していた年配の男性は「やぶさめ祭のときもしま屋台での買物も楽しみの一つ楽しそうに会場を見てまわる子どもたちしたが、またこの出店にすくいに来ました」と話し、出店者との交流も楽しんでいる様子でした。 19時半過ぎに花火の打ち上げが始まると、来場した人々は色鮮やかな連発花火や大輪の花火に歓声を上げて見入っていました。子どもも大人も楽しむ金魚すくい秋空の花火と満月高山やぶさめ花火大会開催秋空に満月と花火の競演楽しむ

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る