広報きもつき 2017年12月号
6/32

62017.12式出席者で記念撮影参加した子どもたち町体育館で発表された作品展示会内之浦フラダンス同好会 第11回肝付町総合文化祭が11月5日、町文化センターで開催されました。舞台上では大正琴や日舞、フラダンスなど多彩な演目が披露されました。また、町内園児らによる遊戯や合唱、太鼓演奏などもあり、来場者を楽しませました。切り絵や写真、粘土細工などの作品は隣接する体育館に展示。各クラブでの活動の成果を発表しました。 町の国際交流員一原彩慧さんが企画したハロウィンイベントが10月28日、町体育館で開催されました。あいにくの天気にもかかわらず、約120名の仮装した子ども達が集まり、会場内に設置された各ブースを元気よく回っていました。仮装コンテストでは、自慢の衣装を来場者に披露すると歓声があがり、盛り上がりました。 肝付町交通安全協会が10月のやぶさめ祭で集めた義援金を県交通被災者たすけあい協会へ寄付しました。その贈呈式が11月6日、肝付署敷地内の交通安全会館で行われました。この取り組みは平成8年から行われており、今年は5万1260円になりました。原口孝協会長は「少額だが子どもたちの助けになれば嬉しい」と話しました。21年続く助け合い交通遺児の力になりたいハロウィンイベント雨にも負けず大盛況あけぼの保育園園児による遊戯第11回肝付町総合文化祭多彩な演目で来場者を魅了

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る