広報きもつき2018年2月号
31/32

312018.02児児お知らせ読みたい本・雑誌等ありましたら、文化センター図書室・銀河アリーナ図書室・各地区公民館へお問い合わせください。できるだけご希望に添えるようお手伝いいたします。文化センター図書室 ☎ 0994-65-9531 銀河アリーナ図書室 ☎ 0994-31-6555文化センター図書室銀河アリーナ図書室□ 他にも毎月新刊が入荷しています。 ■今月の新刊 ■□ その他の新刊■ おもかげ/浅田 次郎 著■ いのち愛しむ、人生キッチン/桧山 タミ 著■ へそとりごろべえ/赤羽 末吉 詩・画■ ねんねのうた/えがしら みちこ 作□ その他の新刊■ 身辺整理、わたしのやり方/曽野 綾子 著■ 俺はエージェント/大沢 在昌 著■ えがないえほん/B・J・ノヴァク さく■ アオハライド/咲坂 伊緒 著  せつない動物図鑑著:ブルック・バーカートカゲは自分のしっぽを食べる。シマウマはひとりで寝れない。カバは好きな子におしっこをかける。アリが寝るのは1日16分間だけ…。動物たちの「せつない真実」をイラストとともに紹介。  続 ざんねんないきもの事典 著:今泉 忠明「ダンゴムシはおしりから水を飲む」「オカピの体はオイルでテカテカ」・・・。進化の結果なぜかちょっと残念な感じになってしまった生き物たちを、楽しいイラストとともに紹介する。□ いのち著:瀬戸内 寂聴ガンと心臓の病に襲われ、痛切な老いに直面した私。脳裏に蘇るのは70年近い作家人生で出会った男たちと、筆を競った友の死に様だった。小説への愛と修羅を生きた女の鮮烈な<いのち>を描く。□ 森家の討ち入り著:諸田 玲子彼らは津山森家の忠臣だったが、改易により赤穂浅野家へとその身を移した。何を思い、どんな事情を抱えて義挙に加わったのか。命をかけて戦い抜いた壮絶な生き様がそこにはあった。□ メンタリストDaiGOの心を強くする300の言葉作:メンタリストDaiGO人生は決して平坦な道のりではなく、苦しい時やくじけそうになる時もあります。そんな時にこの本に触れると、どんな相手やどんな状況であっても、前向きに頑張っていこうという気持ちがわき上がったり、冷静に物事を見つめたりすることができます。一つ一つの作品の文章は短いのですが、自分を勇気づけてくれる言葉がたくさん含まれています。常に心をよい状態に保ち、どんな時でもよりよい思考を巡らせ、心を強く保つためのヒントを与えてくれる本だと思います。最初から読む必要もなく自分に必要と感じるところだけを読めるのもこの本のよいところだと思います。ぜひ読んでみてください。私のいちおし本私のいちおし本 選者 吉永 恒文国見中学校校長

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る