A4-広報きもつきH27年4月号
4/32

42015.04肝付東部衛生処理場にて会場が笑いの渦に包まれた生島さんの講演会宮下の桜迫神社ではかぎ引きも行われました雨のなかで行われた野崎の鎌踊り 五穀豊穣を祈願する春の伝統行事、棒・鎌踊りが3月15日に野崎と宮下、22日に波見で行われました。町内外から多くの見物客が訪れ、一緒に唄を口ずさみながら踊りに見入る町出身者もいました。新番として野崎の鎌踊りに初めて参加した波野小学校1年生の内美紗貴さんは「友だちがたくさんできました。また来年も参加したいです」と話していました。波見の鎌踊り 第10回肝付町生涯学習大会が2月22日、町文化センターで開催され、生涯学習のまなび発表や功労者の表彰などがありました。テレビやラジオでおなじみの生島ヒロシさんの講演会も行われ、自身が実践している鼻呼吸や糸ようじを使った歯のケアなどの健康法をユーモラスに紹介しました。また、生涯学習講座で製作した作品の展示もありました。 肝付東部衛生処理組合の解散式が2月26日に行われ、管理者である永野町長をはじめ関係者ら約30名が出席しました。 同組合は昭和42年に串良町外三ヶ町清掃組合として設立され、平成元年の肝付東部衛生処理場完成とともに運転管理業務を九州重環オペレーション株式会社に委託していました。式では、同社の代表者へ感謝状が贈られました。肝付東部衛生処理組合の解散式開催生涯学習大会で生島ヒロシさん講演野崎・宮下・波見で春の伝統行事五穀豊穣を願い勇壮な棒・鎌踊り奉納

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です