現在の位置

住宅に関する補助・助成制度

更新日:2018年12月27日

肝付町に住んでみませんか

 

肝付町では、住宅政策に力点を置き、様々な住宅支援策を打ち出しています。

この機会に肝付町に住宅を新築・購入し、宇宙に近い町に定住してみませんか。

なお、肝付町では、町内全域に光ファイバー網を敷設しているため、町内どこでも光ブロードバンドの利用が可能です(月額利用料金等が発生します)。併せてご利用ください。

※印:平成30年4月開始の制度です。

補助又は助成対象の要件一覧
対象となる要件 補助金・助成金
町内における住宅取得 新築住宅・建売住宅の取得 20万円(上限額)
中古住宅の取得 10万円(上限額)
(転入)+単身者・夫婦のみの世帯 10万円加算
(転入)+その他の構成員がいる場合 20万円加算
 (子育て・新婚)+同一世帯に高校生以下の子供がいる場合 10万円加算(商品券)
 (子育て・新婚)+婚姻から3年以内でかつ子どもがいない世帯 10万円加算(商品券)
 (施工業者)+新築住宅の施工が町内業者である場合 10万円加算
合併浄化槽の設置 5人槽 33万2千円
6~7人槽 41万4千円
8~10人槽 54万8千円
エコキュート(高効率給湯器)の設置 4万円
住宅用太陽光発電設備の設置 14万円(上限額)
ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)等の設置※ 5万円(上限額)
住宅用リチウムイオン蓄電池の設置※ 8万円
住宅用燃料電池(エネファーム)の設置※ 8万円
住宅等のリフォーム 個人住宅・併用住宅・空き家 15万円(上限額)
+同一世帯に親・子・孫の3世代以上で同居する世帯 10万円(上限額)加算 
+高校生以下の子供が同居する世帯 10万円(上限額)加算 
+65歳上の高齢者、又は障害者手帳・療育手帳の交付を
受けている方が同居
10万円(上限額)加算
+2年以上居住実績の無い住宅を改修する場合
(空き家バンク登録必須)
20万円(上限額)加算
木造住宅の耐震化 耐震診断 6万円(上限額)
耐震改修 30万円(上限額)
危険廃屋の解体撤去 町内に存在する危険廃屋 30万円(上限額)

※補助金等の交付には一定の条件があります。詳細は個別ページをご覧いただくか、担当課にお問い合わせください。

助成の例

適用例1

下記条件の場合、

最大1,012,000円と10万円の商品券

の助成を受けることができます。

・新築住宅取得(町内業者と契約・高校生以下の子どもがいる転入者)

・合併浄化槽設置(5人槽)

・エコキュート設置

・太陽光発電設備設置(4kw以上)

適用例2

下記条件の場合、

最大910,000円と10万円の商品券

の助成を受けることができます。

・中古住宅取得(高校生以下の子どもがいる転入者)

・住宅のリフォーム(高校生以下の子供が同居する世帯)

・耐震診断、耐震改修工事

各制度へのリンク

  • 住宅取得促進助成金

  • 合併浄化槽設置設置補助金

  • 高効率給湯器(エコキュート)導入補助金制度

  • 住宅用太陽光発電導入支援補助金制度

  • ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)等の設置

  • 住宅用リチウムイオン蓄電池の設置

  • 住宅用燃料電池(エネファーム)の設置

  • 住宅リフォーム支援事業助成金

  • 木造住宅の耐震化(診断・改修)補助金

  • 危険廃屋解体撤去工事助成金

  • 住宅改修費の助成(障害のあるかた)

  • 住宅改修費の助成(介護保険)

  • 肝付町光ブロードバンド

お問い合わせ・申請先窓口

企画調整課

 電話:0994-65-8422(直通)

建設課

 電話:0994-65-8424(直通)

住民課

 電話:0994-65-8411(直通)

福祉課

 電話:0994-65-8413(直通)

この記事に関するお問い合わせ先

企画調整課 企画調整第二係
〒893-1207 鹿児島県肝属郡肝付町新富98
電話番号:0994-65-8422
ファックス:0994-65-2587

メールフォームによるお問い合わせ