現在の位置

観測ロケットS-520-31号機の打上げ実験について

更新日:2021年07月25日

打上げ日が発表されました(令和3年7月25日更新)

(JAXAプレスリリースより本文引用)

観測ロケットS-520-31号機の打上げ日の再設定について

2021年(令和3年)7月25日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、延期した内之浦宇宙空間観測所からの観測ロケットS-520-31号機の打上げを、2021年7月27日(火曜日)午前5時30分(打上げ時間帯午前5時30分~午前6時00分(日本標準時))に行うこととしましたので、お知らせします。

 天候その他の理由で上記日時に打上げができないと見込まれる場合は速やかにお知らせします。

(引用ここまで)

 

上記の発表を受け、肝付町では一般見学場を下記の通り開設します。

 

見学場の開設について(令和3年7月25日更新)

肝付町では一般見学者のための見学場を開設いたします。
打上げ実験の見学を希望される方は以下の「概要」と「注意事項」をご確認ください。
 

観測ロケット打上げの瞬間

観測ロケット打上げの瞬間(平成30年2月3日:SS-520-5号機)

観測ロケット打上げ当日のIHIスペースポート内之浦の様子

観測ロケット打上げ当日のIHIスペースポート内之浦の様子

見学場の概要

見学場の概要
見学場所  IHIスペースポート内之浦(宮原ロケット見学場)
肝付町岸良1839番地3※下記の地図をご確認ください。
開場時間   令和3年7月27日(火曜日)
午前2:30から打上げ実験終了後まで

  ※打上げが延期になる場合、見学場の開設日時も打上げに合わせて変更します。


注意事項

  • 今回の実験に係る見学については事前申込はとりません
  • 感染症拡大防止策として、来場された方に以下のご協力をお願いいたします。
  1. 住所(市町村)、氏名連絡先の聞き取り
  2. 体温測定体調の確認
  3. 手指消毒マスクの着用
  4. 見学場内での間隔の確保

 

  • 当見学場が満車になり次第、臨時駐車場(町営グラウンド)へご案内します。
  • 打上げ直前には国道448号の一部が通行規制となりますので、時間に余裕をもってお越しください。
  • 見学場内にはある程度の照明を点けますが、足元が暗い所がありますので懐中電灯などの用意を必ずお願いします。

 

見学場の場所(IHIスペースポート内之浦)

★速報★(7月25日更新)

本日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)から、観測ロケットS-520-31号機の打上げ実験の実施が発表されました。

詳細は以下のとおりです。

概要
実験期間 2021年(令和3年)7月20日(火曜日)~2021年(令和3年)8月31日(火曜日)
(※実験予備期間を含む)
実験場所 内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝属郡肝付町)
打上予定
ロケット
S-520-31号機
実験
予定日

2021年(令和3年)7月27日(火曜日)5時30分~6時00分

2021年(令和3年)7月21日(水曜日)5時30分~6時00分

2021年(令和3年)7月20日(火曜日) 5時30分~6時00分

実験概要

[深宇宙探査用デトネーションエンジンシステム実証実験]

本実験は、燃料と酸素の混合ガスが爆発的に反応した際に生じる衝撃波(爆ごう波)を安全かつ効率良く推力に変換するロケットエンジン技術の世界初となる飛翔実証です。
衝撃波を間欠的に発生させるパルス・デトネーション・エンジン(PDE)と、ドーナツ状の空間内を連続的に衝撃波を回転させる回転デトネーション・エンジン(RDE)を組み合わせたデトネーション・エンジン・システム(DES)の技術・性能を検証します。また、大容量実験データ取得を目的に、分離カプセル(RATS)を洋上へ緩降下させてヘリコプターで回収する実験も併せて行います。

JAXAホームページへのリンク


 

この記事に関するお問い合わせ先

企画調整課 宇宙のまちづくり推進係
〒893-1207 鹿児島県肝属郡肝付町新富98
電話番号:0994-65-8422
ファックス:0994-65-2587
メールフォームによるお問い合わせ