現在の位置

(中小企業者向け:新コロナウイルス関連情報あり)セーフティネット保証制度について

更新日:2022年05月30日

新型コロナウイルス感染症により売上高が減少している中小事業者を支援するための措置として、セーフティネット4号・危機関連保証(第6項)が発動されています。

 

セーフティネット保証制度とは、取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、災害、取引金融機関の破綻等により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金の供給の円滑化を図るため、信用保証協会が一般の保証枠とは別枠で保証を行う制度です。
この保証制度を利用するためには、中小企業信用保険法第2条第5項第1号~8号に規定する「特定中小企業者」として、本店(個人事業主の方は主たる事業所、法人の場合は法人登記の住所)所在地の市町村において認定を受けることが必要です。

認定は、融資を確約するものではありません。

融資に際しては金融機関と信用保証協会の審査があります。

 

詳細については、中小企業庁のホームページをご確認ください。

中小企業庁:セーフティネット保証制度 中小企業信用保険法第2条第5項及び第6項

第5号認定:業況の悪化している業種(全国的)

全国的に業況の悪化している業種に属する中小企業者を支援するための措置です。

詳細については、中小企業庁のホームページをご確認ください。

中小企業庁:セーフティネット保証制度(5号:業況の悪化している業種(全国的))

 

危機関連保証制度(第6項認定):大規模な経済危機、災害等による信用収縮への対応

内外の金融秩序の混乱その他の事象が突発的に生じたことで、売上高等が減少している中小企業者を支援するための措置です。

詳細については、中小企業庁のホームページをご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

林務水産商工課 商工観光係
〒893-1402 鹿児島県肝属郡肝付町南方2643
電話番号:0994-67-2116
ファックス:0994-67-2488

メールフォームによるお問い合わせ