現在の位置

これまでのロケット打ち上げ一覧

更新日:2018年12月27日

内之浦宇宙空間観測所から打ち上げたロケット一覧

SS-520ロケット5号機(2018年2月3日)

SS-520-5号機の写真

 肝付町合併後24機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で408機目にあたります。

 

平成29年1月のSS-520 4号機の実験失敗に対する対策を施し、民生技術を用いてロケット・衛星の開発を行い、3キログラム程度の超小型衛星の打上げの実証を行うことを目的としたSS-520-5号機実験を内之浦宇宙空間観測所において実施されました。

 

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2018(平成30)年2月3日 午後2時3分
衛星 TRICOM-1R
実験概要 民生技術を用いてロケット・衛星の開発を行い、3キログラム程度の超小型衛星の打上げの実証を行う。

関連リンク

イプシロンロケット3号機(2018年1月18日)

イプシロンロケット3号機の写真

肝付町合併後23機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で407機目にあたります。

肝付町では3箇所の公式見学場を設けて多くのかたにご来町いただきました。

打ち上げ情報一覧
打上げ日時 2018(平成30)年1月18日 午前6時6分
衛星 ASNARO-2
実験目的 高分解能なXバンドの合成開口レーダーの小型化、低コスト化を実現する高性能小型衛星の研究開発プロジェクト

関連リンク

SS-520ロケット4号機(2017年1月15日)

SS-520-4号機の写真

肝付町合併後22機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で406機目にあたります。

民生技術を用いてロケット・衛星の開発を行い、3キログラム程度の超小型衛星の打上げの実証を行うことを目的としたSS-520-4号機実験を内之浦宇宙空間観測所において実施されました。 ロケットの第1段の飛行は正常に行われましたが、飛行中に機体からのテレメータが受信できなくなったため、第2段モータの点火を中止しました。

なお、ロケットの追跡は正常に行われ、ロケットは内之浦南東海上の予定落下区域に落下したことを確認しました。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2017(平成29)年1月15日 午後8時33分
衛星 TRICOM-1
実験概要 民生技術を用いてロケット・衛星の開発を行い、3キログラム程度の超小型衛星の打上げの実証を行う。

関連リンク

イプシロンロケット2号機(2016年12月20日)

イプシロンロケット2号機の写真

肝付町誕生してから21機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で405機目にあたります。

内之浦宇宙空間観測所からの約3年振りとなる衛星搭載ロケット打ち上げで、2013年に打ち上げたイプシロンロケット試験機を改良したロケットの打ち上げでした。

肝付町では4箇所の公式見学場を設けて多くのかたにご来町いただきました。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2016(平成28)年12月20日 午後8時00分
衛星 あらせ(ERG)
実験目的 地球周辺の宇宙空間(ジオスペース)のヴァン・アレン帯の中心部で直接、高エネルギー電子が生まれる過程を世界ではじめて観測

 

関連リンク

S-310ロケット44号機(2016年1月15日)

S-310-44号機の写真

肝付町合併後20機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で404機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2016(平成28)年1月15日 午後0時00分
実験目的 電離圏プラズマ加熱現象の解明

関連リンク

S-520ロケット30号機(2015年9月11日)

S-520-30号機の写真

肝付町合併後19機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で403機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2015(平成27)年9月11日 午後8時00分
実験目的 酸化物系宇宙ダストの核生成過程の解明

関連リンク

S-520ロケット29号機(2014年8月17日)

S-520-29号機の写真

肝付町合併後18機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で402機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2014(平成26)年8月17日 午後7時00分
実験目的 スポラディックE層空間構造の立体観測実験

関連リンク

S-310ロケット43号機(2014年8月4日)

S-310-43号機の写真

 肝付町合併後17機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で401機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2014(平成26)年8月4日 午後11時00分
実験目的 ロケット慣性飛行中の二相流挙動及び熱伝達特性の観測実験

関連リンク

イプシロンロケット試験機(2013年9月14日)

イプシロンロケットの写真

肝付町合併後16機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で400機目にあたります。

内之浦宇宙空間観測所からの衛星搭載ロケット打ち上げは実に7年振りのことで、加えて日本が12年ぶりに開発した新型ロケットの打ち上げということもあり、全国的に大きな注目が集まる中での打ち上げでした。

肝付町では6箇所の公式見学場を設けて対応に望みましたが、予想を大きく上回る約2万人もの見学者が訪れ、町内は多くの車で溢れました。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2013(平成25)年9月14日 午後2時00分
衛星 ひさき(SPRINT-A)
実験目的 EUV(極端紫外線)分光器によるイオトーラスの観測、惑星外圏大気と太陽風の相互作用の観測

 

関連リンク

宮原一般見学場の様子
内之浦漁港の様子

S-520ロケット27号機(2013年7月20日)

S-520-27号機(JAXA提供)

TMA(トリメチルアルミニウム)発光雲(JAXA提供)

肝付町合併後15機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で399機目にあたります。

このときは、S-310ロケット42号機との2機連続打ち上げでした。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2013(平成25)年7月20日 午後11時57分
実験目的 電離圏E領域とF領域の相互作用に関する総合観測

関連リンク

S-310ロケット42号機(2013年7月20日)

S-310-42号機の写真

肝付町合併後14機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で398機目にあたります。

このときは、約1時間後にS-520ロケット27号機を打ち上げており、約11年ぶりとなるロケット2機連続打ち上げに、イプシロン効果と夏休みの影響もあってか、深夜にも関わらず県内外から多くの家族連れや宇宙ファンが詰めかけました。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2013(平成25)年7月20日 午後11時00分
実験目的 電離圏E領域とF領域の相互作用に関する総合観測

関連リンク

S-520ロケット28号機(2012年12月17日)

S-520-28号機の写真

 肝付町合併後13機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で397機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2012(平成24)年12月17日 午前4時00分
実験目的 微小重力環境を利用した均質核形成実験(宇宙ダストと炭酸塩結晶の生成)

関連リンク

S-310ロケット41号機(2012年8月7日)

S-310-41号機の写真

 肝付町合併後12機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で396機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2012(平成24)年8月7日 午後4時30分
実験目的 小型インフレータブルカプセルの飛行実験

 

関連リンク

S-520ロケット26号機(2012年1月12日)

S-520-26号機の写真
リチウムによる発光雲

肝付町合併後11機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で395機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2012(平成24)年1月12日 午前5時51分
実験目的 熱圏中性大気とプラズマの結合過程解明、統合型搭載機体管制装置(統合型アビオニクス)

 

関連リンク

S-310ロケット40号機(2011年12月19日)

S-310-40号機の写真

肝付町合併後10機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で394機目にあたります。

 

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2011(平成23)年12月19日 午後11時48分
実験目的 夜間中緯度電離圏領域における電波伝搬解析

関連リンク

S-520ロケット25号機(2010年8月31日)

S-520-25号機の写真

肝付町合併後9機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で393機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2010(平成22)年8月31日 午前5時00分
実験目的 電離層中におけるエレクトロダイナミックテザー(EDT)の基礎実験、微小重力環境下におけるテザーを用いたロボットの姿勢制御実験

関連リンク

S-520ロケット24号機(2008年8月2日)

S-520-24号機の写真

肝付町合併後8機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で392機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2008(平成20)年8月2日 午後5時30分
実験目的 ロケット飛行中の微小重力環境を利用した結晶成長実験

S-310ロケット38号機(2008年2月6日)

S-310-38号機の写真

S-310-38号機(JAXA提供)

 肝付町合併後7機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で391機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2008(平成20)年2月6日 午後6時14分
実験目的 高度150kmまでの三次元プラズマ分布の観測

関連リンク

S-520ロケット23号機(2007年9月2日)

S-520-23号機の写真
リチウムの発光雲

肝付町合併後6機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で390機目にあたります。

このときの打ち上げでは、上空で放出されたリチウムが発光し、「宇宙花火」と呼ばれる赤い発光雲が全国で確認されました。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2007(平成19)年9月2日 午後7時20分
実験目的 高度300kmまでの中性・電離大気観測と気象・海洋現象の多波長撮影

 

関連リンク

S-310ロケット37号機(2007年1月16日)

S-310ロケット37号機の写真

肝付町合併後5機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で389機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2007(平成19)年1月16日 午前11時20分
実験目的 下部電離圏の高温度層生成メカニズムの解明

関連リンク

M-Vロケット7号機(2006年9月23日)

M-Vロケット7号機の写真

肝付町合併後4機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で388機目にあたります。

 

当機がM-Vロケットとしての最終号機となり、打ち上げの際は早朝にも関わらず大勢のファンが集まり、その旅立ちを見送りました。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2006(平成18)年9月23日 午前6時36分
衛星 ひので(SOLAR-B)
実験目的 太陽表面磁場・速度場の連続測定と高分解能のX線コロナ観測

関連リンク

M-Vロケット8号機(2006年2月22日)

M-Vロケット8号機の写真

肝付町合併後3機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で387機目にあたります。

 

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2006(平成18)年2月22日 午前6時28分
衛星 あかり(ASTRO-F)
実験目的 銀河形成・進化、星・惑星の形成と星間物質、褐色矮星やダークマター等の謎を探る

関連リンク

S-310ロケット36号機(2006年1月22日)

S-310ロケット36号機の写真

肝付町合併後2機目で、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で386機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2006(平成18)年1月22日 午後1時00分
実験目的 宇宙空間におけるアレイアンテナの構成実験

関連リンク

M-Vロケット6号機(2005年7月10日)

M-Vロケット6号機の写真

旧内之浦町と旧高山町が平成17年7月1日に合併しましたが、合併後初めて打ち上げられたロケットです。

内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられたロケットとしては通算で385機目にあたります。

打ち上げ情報一覧
打ち上げ日時 2005(平成17)年7月10日 午後0時30分
衛星 すざく(ASTRO-E2)
実験目的 宇宙論的な遠距離にある天体のX線観測、宇宙の高温プラズマのX線分光観測等

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

企画調整課 企画調整第二係
〒893-1207 鹿児島県肝属郡肝付町新富98
電話番号:0994-65-8422
ファックス:0994-65-2587

メールフォームによるお問い合わせ