現在の位置

年間イベント

更新日:2021年11月10日

1月

◆ドヤドヤサー(鬼火焚き)

ドヤドヤサー

場所内之浦地区下浜

日時:例年1月7日

概要:新年の飾り類を焚いて、そのほてりで新しい年の悪事災難を払うといわれています。

3月

◆棒踊り・鎌踊り

宮下の棒踊り

場所:桜迫神社(宮下)・伊勢神社(野崎)・住吉神社(波見)

日時:例年3月中旬(宮下・野崎)・3月下旬(波見)

概要:田植えを前に、年穀の豊穣を祈願する祭りとして踊られます。

 

4月

◆春も!えっがね祭り

えっがね祭り

場所:町内の加盟店舗

期間:例年4月

概要:内之浦の代名詞でもある「えっがね(伊勢海老)」料理を贅沢に味わえます。

 

7月

◆二股川キャンプ場開き

キャンプ場での食事

場所:二股川キャンプ場(肝付町後田)

期間:7月下旬~8月末

概要:国見山系の麓、二股川の近くにあるキャンプ場です。

コテージやテントも備え、大自然を満喫できます。

開村は夏休み期間だけとなります。

 

8月

◆うちのうらロケット祭り

ロケットみこし

場所:肝付町商工会内之浦支所隣

日時:例年8月中旬

概要:八坂神社例祭に始まり、みこし巡行、各種ステージ、大抽選会、花火大会など、内之浦の夏を彩るイベントとして毎年開催されています。

 

◆ナゴシドン(夏越祭)

ナゴシドン

場所:平田神社・岸良海岸

日時:例年8月14日

概要:盛夏の無病息災を祈る祓いの神事で、浜辺の祭壇には平田神社の祭神を遷した猿田彦の神面三体に薙刀(なぎなた)、茅(ちがや)の竹が両脇に並べられ、神事のあと神舞いが奉納されます。

 

◆秋のえっがね祭り

秋のえっがね祭り

場所:(イベント会場)内之浦漁港、(えっがね料理提供店)町内加盟店

期間:例年9月上旬~10月中旬

概要:内之浦地区では伊勢海老のことを「えっがね」と呼んでいます。

県内トップクラスの漁獲高を誇り、すっかり夏の定番となりました。

期間中は、贅沢なえっがね料理が提供されます。

 

9月

◆本町八月踊り

本町八月踊り

場所:新富地区本町

日時:隔年9月第4土曜日

概要:県の無形民俗文化財にも指定されている本町の八月踊り。

三味線、太鼓の音に鼓弓の哀愁を誘う音律に南方系の踊りが相まって、秋の夜長を楽しむことができます。

 

10月

◆体力づくり町民運動会

町民運動会

場所:肝付町総合運動場

日時:例年10月中旬

概要:各地区の体協単位の対抗戦で、意地とプライドをかけて様々な競技に挑みます。 

住民も総出で、それぞれのチームを応援します。

◆高山やぶさめ祭花火大会

高山やぶさめ祭花火大会

場所:高山川新前田橋下流河川敷広場(春陽会中央病院前)

期間:高山やぶさめ祭前日

概要:約5,000発の花火が田舎の夜空を鮮やかに彩ります。

河川敷で行われますので、川面に映り込む花火を楽しむのもまた一興です。

 

◆高山やぶさめ祭

高山流鏑馬

場所:(イベント)高山橋河川敷広場他、(神事流鏑馬)四十九所神社前宮之馬場

日時:例年10月第3日曜日

概要:―そのとき、13歳の少年は神になる―

約900年の歴史と伝統を誇る流鏑馬。

この神事は国家の安泰、悪疫退散、五穀の豊饒を祈願して行われています。

当日は、町内外から多くの方々が訪れ、町は祭り一色に染まります。

 

11月

◆総合文化祭

文化祭

場所:肝付町文化センター

日時:例年11月2日・3日

概要:肝付町文化協会に加盟する団体をはじめ、園児や学生などによる芸能発表や展示が行われます。

◆うちのうら銀河マラソン

銀河マラソン

場所:内之浦小学校(メイン会場)

日時:例年11月第4日曜日

概要:銀河連邦ウチノウラキモツキ共和国の建国を記念して開催される「うちのうら銀河マラソン」。

走行距離ごとに4コースが準備されており、子どもからお年寄りまで、潮風を感じながら走りを楽しむことができます。

 

この記事に関するお問い合わせ先

産業創出課 商工観光係
〒893-1402 鹿児島県肝属郡肝付町南方2643
電話番号:0994-67-2116
ファックス:0994-67-2488

メールフォームによるお問い合わせ